SNOWBOARD NEXT GENERATION

【リワインド】グラトリ基礎力向上!スノーボード初心者から上級者まで!もう一度やってみよう!

Saechika Saechika
2017/09/21

はじめまして!ライダーのSaechikaです。閲覧ありがとうございます。今回は昔からあるオールドトリックであるリワインドに挑戦です。ベーシックトリックの中でも有名なグラトリの技かと思います。こちらの記事を参考に反発をしっかりと引き出してがっつりと高くカチ上げましょう!!

それでは・・・スノーボードのグラトリ解説スタートです!

リワインドのやり方

1. タメの作り方

緩めの斜面で膝を少し落としタメを作りましょう。

2. 体の使い方と逆絞り

上半身と下半身を同時に動かし、回転方向に対して逆捻りを入れます。

3. 胸と肩による補正

ボードを高く上げる為に肩と胸を引き上げます。

4. 最大値のキープ

高さと絞りを最大値で維持させます。

5. 着地へ

衝撃でバランスを崩さない様に着地しましょう。

ポイント

膝を曲げタメを作り、肩と上半身を回転方向に回します。この時、次の動作で絞りを入れる事を意識し、バランスを崩さないように安定させましょう。 上半身を絞る事でボードは回転せず、90度で止まりキープできます。絞りの基礎的な動作になる為、しっかりと覚えておきましょう。

注意点

膝を曲げてタメを作り、肩と腕を回転方向とは逆に回します。この時、バランスを崩さないようエッジを使うなどしてプレスを行いましょう。 肩は斜面に対して平行で回し、足をしっかりと引き付けてプレスします。高く板を上げることより、捻りをしっかりと入れて安定し着地すること、綺麗にプレスする事が重要です。 上半身と下半身のローテーションを意識して無駄なく綺麗に行いましょう。

リワインドの練習方法

ボードを高く上げるとリスクも高くなる為、まずは低い状態でプレスをし安定して行えるようにしましょう。徐々に高さを上げてプレスの時間を長くします。 不安定な状態で高く上げようとしてもプレスの時間が短くなり、絞りも甘くなりやすく綺麗に行う事が難しくなります。 足と上半身の力で回さないように反発をしっかりと引き出して綺麗にプレスしましょう。高く上げる事を意識し過ぎず、綺麗に無理な力でプレスしない事が上達への近道になります。

SHARE

この記事の出演ライダー

Saechika
Saechika

初心者講座、グランドトリックを担当します。 競技レポート:2016.2 アルツ磐梯スキー場 グランドトリック大会 2位 / 2016.3 米沢スキー場 グランドトリック大会 1位 / 2016.4 たんばらスキー場… [詳細へ]

関連記事を探す

カテゴリー

難易度

注目のカテゴリー

テクニカル

もっと見る

初心者講座

もっと見る

ウェア

もっと見る