SNOWBOARD NEXT GENERATION

オーリー180 スノーボード キッズ グラトリの基礎

Taichi Taichi
2017/10/15

ライダーのTaichiです。今回はオーリーフロント180を解説します。

グラトリですがしっかりとトウサイド、ヒールサイドとライン取りをしていますのでキッカーや地形でも役に立つと思いますので参考にしてみてください。

オーリー180の仕方を解説

1. 先行動作・タメの作り方

ヒールエッジでフラットに近いカービングターンをして、スピンなので少しだけ回転方向の反対に上半身を回しておきます。これを先行動作(タメ)といいます。

2. 踏切りの仕方

上半身を回転方向に引き上げ、できるだけフラットに近いヒール側で踏みきります。

3. 板を引きつけて高さをだす

空中ではできるだけ板を引きつけます。股関節や膝を曲げます。

4. 着地へ

スイッチ着地なので慣れていない人は転ばないように注意しましょう。

F180のライン取りはすごく重要

エッジを立てすぎないようにトウからヒールに切り替えを始めます。

ヒールに乗ったら板がまっすぐになるまでにオーリーの先行動作をします。

ここでオーリーします。板はできるだけフラットで抜くと高さがでます。

グラトリなので上半身を大きく回転方向と上方向に先行させます。

エアのピークで引きつけて小さい姿勢になると高さがでて安定します。

着地はひねりがない状態が良いです。

ポイント

ライン取りを何度も練習して自分の理想のポイントで毎回飛べることが重要です。ここでエッジをかけすぎたり打つポイントが遅くなったりすると、バランスを崩しやすくなり高さが出なくなります。

注意点

スイッチランができないときにトライすると着地が非常に難しいので転ぶ回数が多くなります。先にしっかりとスイッチランの練習をしておきましょう。

オーリー180の練習方法

オーリーとドライブ180(板を浮かせない180)の完成度をあげておくのが早道です。

打つポイントをイメージしながら、飛ばなくてもいいのでライン取りをしましょう。そのときヒール側では先行動作をいれたほうが効果的です。

SHARE

この記事の出演ライダー

Taichi
Taichi

グランドトリックを担当します。 所属:SAFAM / NEW PEACE / DVD出演:LATEproject vol.3 ヤングガンパート [詳細へ]

関連記事を探す

注目のカテゴリー

テクニカル

もっと見る