SNOWBOARD NEXT GENERATION

【トゥスクラッチ】まずはこれ!基本動作!スクラッチ

Saechika Saechika
2017/09/21

はじめまして!ライダーのSaechikaです。閲覧ありがとうございます。今回はトゥスクラッチですが・・・ゲレンデや動画サイトで見かけることがよくある技ではないでしょうか?ベーシックトリックで基本の動作となる為、ここはしっかりと抑えておきたいですね!こちらの記事を参考にを完成させましょう!!

それでは・・・トゥスクラッチ解説スタートです!

トゥスクラッチのやり方

1. タメの作り方

緩めの斜面でタメを作り、ノーズ側のトゥに荷重を掛ける。

2. 上半身の使い方とスクラッチへ

バックサイドに胸と肩を開き、ノーズ側のトゥでプレスを維持する この時、後ろ脚を高く引き上げる事でスクラッチ時の反動が大きくなる。

3. 雪面に刺すとは?

バックサイドに開いた胸と肩を閉じ、テール側のトゥを雪面に刺す。

4. 着地へ

衝撃でバランスを崩さない様に着地。

ポイント

しっかりとノーズ側のトゥに乗りこみます。この時、後ろ脚を高く引き上げ維持できるようにしましょう。高く上げる事で落差が大きくなり、スクラッチ時の反動も強くなります。上半身の先行をしっかりと入てトゥスクラッチを行いましょう。

トゥスクラッチの注意点と練習方法

ノーズ側のトゥに乗れない

ノーズプレスやトゥターンを見直しましょう。しっかりとボードに乗りコントロールが行えないとスクラッチの反動も次に活かす事ができません。

よくある失敗例

スクラッチ時にテール側のトゥがしっかりと雪面に刺さらない!これを攻略する為には・・・初めにノーズ側のトゥに乗る際にと左右にトゥターンを行いながらスクラッチを掛けましょう。トゥターンの途中で行う事で全てトゥ側での動作になり、技が行いやすくなります。 上半身の力で回さないように反発と回転力をしっかりと引き出し、綺麗に回しましょう。綺麗に無理な力で回さない事が上達への近道になります。

SHARE

この記事の出演ライダー

Saechika
Saechika

初心者講座、グランドトリックを担当します。 競技レポート:2016.2 アルツ磐梯スキー場 グランドトリック大会 2位 / 2016.3 米沢スキー場 グランドトリック大会 1位 / 2016.4 たんばらスキー場… [詳細へ]

関連記事を探す

注目のカテゴリー

フリーラン

もっと見る