SNOWBOARD NEXT GENERATION

スノーボードに必要な持ち物の忘れ物がないかリストでチェックしよう

Ta Ta
2017/10/04

スノーボード行ったときに忘れ物をすることはありませんか?

こちらは数回はスノボーに行ったことがある人向けの内容です。私は家を出るまでに自分が雪山にいる姿をイメージして帽子から足まで順番に忘れ物がないか考えるようにしています。

出発前、特にシーズン初滑りの方が一覧をチェックできるようにまとめました。

スノーボードに必要な物リスト

  • ビーニー(ニット帽)またはヘルメット
  • ゴーグル
  • フェイスマスク(ネックウォーマー、バラクラバ)
  • グローブ
  • ウェア(上下)
  • パスケース(ウェアに付いている場合もあります)
  • プロテクター(お尻パッドと膝パッドはあったほうが良いです)
  • インナー(上下)
  • 靴下(専用の物だと足が冷えたり痛くないにくい)
  • ブーツ
  • ビンディング
  • ボードケースまたはソールカバー(車内積みの場合は必須です)
  • 身分証(基本的には持ち歩くもの、何かあったときやレンタルや試乗のときに必要)
  • 早割、シーパス、割引券など

あると便利な物など

  • リュック、ブーツケース
  • 日焼け止め、リップクリーム(UVカットの物がベスト)
  • ホッカイロ(貼るタイプがお勧めです。寒い日はあると助かります)
  • ワイヤーロック(板の盗難防止)
  • ミッドレイヤー(ダウンやパーカーなどのことでスノーボード専用の商品だとベスト)
  • レンズ拭き(ゴーグル用)
  • 薬(何かあったときようの痛み止め、目薬:ゴーグルである程度は紫外線を防げます。運転時の目の疲れ、アレルギー薬:花粉がひどい時期にあると助かります)
  • ビデオカメラ(撮影する予定の人は必要ですが忘れやすいです)
  • サングラス
  • 板のメンテナンス用品、ビンディングの部品、工具
  • 濡れたものを拭くタオル
  • 泊まりの場合:アメニティ、マイハンガー、コンセントタブ、携帯の充電器

SHARE

この記事の出演ライダー

Ta
Ta

SNOWBOARD NEXT GENERATIONの代表です。 初心者講座とテクニカル系のカービングターンを主に担当します。 競技レポート:15-16全日本テクニカル選手権大会関東予選を初出場通過、16-17… [詳細へ]

関連記事を探す

カテゴリー

注目のカテゴリー

初心者講座

もっと見る

ウェア

もっと見る