SNOWBOARD NEXT GENERATION

【スノーボード ビンディング紹介 Saechika】SALOMON HOLOGRAMでのメリットとデメリット

Saechika Saechika
2017/10/04

初めまして!ライダーのSaechikaです!今回は私が使用しているビンディング(以下:バイン)を紹介しようと思います!足をボードに固定する為のとても大切なギアとなりますが皆さんはどんなバインを使用しておりますか?こちらの記事を参考に次のバインをGETする際の参考にして下さい。

1. はじめに

今回、紹介させて頂くブランドはSALOMON(サロモン)です!冒頭から先にお伝え致しますが、かなりマニアックな記事の内容と紹介になりますので、申し訳ございませんが参考までにご視聴頂ければと思います。さて、SALOMONのバインで私が使用しているモデルはHOLOGRAM(ホログラム)です。こちらのバインのポイントは軟性の材質をヒールカップとハイバックに使用しており、グニャグニャと自由に曲がる事です。

ハイバックをLOWタイプで使用すればハイバックレスに近い感覚も得られますし、ヒールカップが高い位置に設定されている事からハイバックレスも可能な優れものです。これを聞いて「はい、私は無理です」となってしまう方も多く見受けられる超癖が強いバインですが、この形状や材質は他社には無く、足首の自由度が極めて高い事から私らは辞められません・・・そうなんで、私らと書きましたがライダーのシュンスケも同じモデルで同じ方法で使用しております。

2. ハイバックレスについて

タイトルにあるように上記のかなり癖が強い軟性のバインを更に癖ものにする行為がハイバックレスです。先ずはハイバックレスにするメリットデメリットを説明致します。

メリット

・足首の自由度が上がり、可動域の増加
・ハイバックを無くす事で大幅な軽量化
・繊細なボードコントロールの容易化
・着脱時の速さと収納の小スペース化
・見た目のスタイリッシュ

デメリット

・ヒール側コントロールの難易度化
・最大力の低下

 

このようにメリットとデメリットの様々な変化が起こりますが慣れるまでの難易度の上昇はかなりのストレスになります。しかし、一度慣れてしまうと他のバインに戻れません。もし、「パワーより繊細なコントロール性が欲しい」「グラトリで乗り系のトリックを頑張りたい」「変わったギアが好きだ」などご興味のある方がいらっしゃいましたら是非挑戦してみて下さいね。今までにない新たなスノーボードに出会えます。

3. まとめ

今回はバインの紹介よりもハイバックレスについて重点的に説明させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?諸刃の剣なんて言葉がありますが「何かを捨て、何かを得る」解り安い例かと思います。スノーボードのギアには最新のテクノロジーが注ぎ込まれ、日々進化ております。単純にレスするアナログな行為からも大きな変化を得ることができ、ギアの機能からスノーボードの楽しさを感じて貰えたら嬉しいです。また、ギアの性質を学ぶ事で道具を扱うスポーツとして益々スノーボードが好きになって頂けたら幸いです。

4. 最後に

ご視聴頂きまして、ありがとうございました。次回はブーツについてご紹介します。

HOLOGRAMがもし気になる方は下記の大手オンラインショッピングモールだとビンディングのレビューや詳細なども載っているのでぜひチェックしてみてください!!

楽天市場で見たい方はこちら:SALOMON HOLOGRAM

YAHOOショッピングで見たい方はこちら:SALOMON HOLOGRAM

【OGASAKA SNOWBOARD PV】 1分40秒から出演していますのでよかったらご覧ください。

SHARE

この記事の出演ライダー

Saechika
Saechika

初心者講座、グランドトリックを担当します。 競技レポート:2016.2 アルツ磐梯スキー場 グランドトリック大会 2位 / 2016.3 米沢スキー場 グランドトリック大会 1位 / 2016.4 たんばらスキー場… [詳細へ]

関連記事を探す

注目のカテゴリー

テクニカル

もっと見る

初心者講座

もっと見る